gulpは、フロントエンドのタスクを自動化できるツールです。
その gulp には、複数のブラウザ動作を同時に確認できる browser-sync プラグインがあります。
そして、browser-sync にはブラウザのオートリロード機能があるので、これを利用して、baserCMSのテーマやプラグインを作っている最中のリロードの省エネやってみました。

やりたいこと

  • テーマ作ってる最中のリロードを省きたい
  • 複数のブラウザでまとめて確認したい
  • 制作時間の短縮図りたい

どーも。arataです(・ω・)
開発者の方、デザイナの方、フロントエンジニアの方、皆さんGitHubつこーてますか?
巷では、自治体もgithub使い出したってことで話題席巻してますね。←違っ
和歌山県が「Github」で公式アカウント開設-地方自治体初の試み - 和歌山経済新聞

ちなみに、GitHubでは自治体向け機能・紹介もしてるみたいです。
GitHubが政府・自治体向けの機能・事例紹介ページを公開 | A-Listers

そんなGitHubですが、リポジトリと連携してチャットできる「Gitter」というのがヨサゲなのでちょこっと紹介してみます。
■ Gitter: https://gitter.im/

教えてくれたのは@cloud10designsさんです。

先日出したbaserCMS用プラグインである「マイエディター」バージョンアップしました。
baserCMS用「マイエディター プラグイン」作りました。

  • ツールバーに利用中エディタを表示
  • ツールバーに表示中のエディタをクリックすると、利用可能エディタを一覧表示し、選択して切替え可能

ついクワッとなって作りました。baserCMSスキマ産業活動。
今回作ってみたのは「マイエディター プラグイン」です。

マイエディター プラグイン

マイエディター プラグインは、ユーザー別に利用するエディターを設定できるbaserCMS専用のプラグインです。。。です。

https://github.com/materializing/MyEditor
プロジェクト管理

ファイルのダウンロードはいつものgithubよりどうぞ丶(・ω・)ノ

doxygen というドキュメント生成に興味が湧いたので、作成した baserCMS用プラグインのドキュメントが生成できないか試してみました。
パッケージ管理に Macports 使ってるんで、それにないか検索してみたらあったのでそれを利用してみました。

■ Doxygen: http://www.doxygen.jp/

baserCMS(CakePHP)には、プラグイン側から、処理途中に別の処理を割り込ませるイベント処理を手軽に作って利用することができます。
そのイベント処理ですが、たまーにプラグインを作るまでもなく実行したい場面があります。

( 三)<いや、そういうときってたいていの場面、専用の処理をプラグインにまとめておきたいときじゃね?

そんな意見はもちろんあります。が、ちょびっとだけ必要な場面もあるんです。

baserCMSでは、ユーザーグループ別に、機能単位や画面単位でアクセス制限を設けて、不要なメニュー表示を調整したり、余分な機能を扱わせないようにすることで、管理システム利用者にとってシンプルで扱い易い管理システムを提供することができます。

  • アクセス制限設定の一覧画面URL例: /admin/permissions/index/2
  • システムナビ → ユーザーグループ一覧 → ユーザーグループの鍵アイコンへアクセス

このアクセス制限設定は、ユーザーグループ単位となっているため、ユーザー単位で調整するには少しカスタマイズが必要です。
イベント処理使って調整できます。

▲ to Top