先日出したbaserCMS用プラグインである「マイエディター」バージョンアップしました。
baserCMS用「マイエディター プラグイン」作りました。

  • ツールバーに利用中エディタを表示
  • ツールバーに表示中のエディタをクリックすると、利用可能エディタを一覧表示し、選択して切替え可能

ついクワッとなって作りました。baserCMSスキマ産業活動。
今回作ってみたのは「マイエディター プラグイン」です。

マイエディター プラグイン

マイエディター プラグインは、ユーザー別に利用するエディターを設定できるbaserCMS専用のプラグインです。。。です。

https://github.com/materializing/MyEditor
プロジェクト管理

ファイルのダウンロードはいつものgithubよりどうぞ丶(・ω・)ノ

doxygen というドキュメント生成に興味が湧いたので、作成した baserCMS用プラグインのドキュメントが生成できないか試してみました。
パッケージ管理に Macports 使ってるんで、それにないか検索してみたらあったのでそれを利用してみました。

■ Doxygen: http://www.doxygen.jp/

baserCMS(CakePHP)には、プラグイン側から、処理途中に別の処理を割り込ませるイベント処理を手軽に作って利用することができます。
そのイベント処理ですが、たまーにプラグインを作るまでもなく実行したい場面があります。

( 三)<いや、そういうときってたいていの場面、専用の処理をプラグインにまとめておきたいときじゃね?

そんな意見はもちろんあります。が、ちょびっとだけ必要な場面もあるんです。

baserCMSでは、ユーザーグループ別に、機能単位や画面単位でアクセス制限を設けて、不要なメニュー表示を調整したり、余分な機能を扱わせないようにすることで、管理システム利用者にとってシンプルで扱い易い管理システムを提供することができます。

  • アクセス制限設定の一覧画面URL例: /admin/permissions/index/2
  • システムナビ → ユーザーグループ一覧 → ユーザーグループの鍵アイコンへアクセス

このアクセス制限設定は、ユーザーグループ単位となっているため、ユーザー単位で調整するには少しカスタマイズが必要です。
イベント処理使って調整できます。

今回はCakePHPで利用できるKeyValueBehaviorについて、実際に使ってみたのでご紹介。

Key-Value Store

先ずはKey-Value Storeについて。

データの保存・管理手法の一つで、任意の保存したいデータ(値:value)に対し、対応する一意の標識(key)を設定し、これらをペアで保存する方式。
KVSとは 〔 Key-Valueストア 〕 〔 キーバリューストア 〕 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

DB内の1レコードのデータが key = "hoge"、value = "fuga" でできてるものです。

CakePHPには、この仕組みを簡単に取り入れることができるツールがあります。
それが KeyValueBehavior です。

年末年始のお休みに入ったばかりの昼下がり、ネットの海にDiveしようかとブラウザを開いたら、Speed Dialに見慣れぬものが登録してあるのです。

■「家庭を支える技術 Advent Calendar 2014」
http://www.adventar.org/calendars/595

ん?私は知らぬぞ?
なになに、エンジニアによる家庭で使えるライフハック集のよう。
面白そうだと、暇つぶしに読んでみました。

▲ to Top