夏なのでMACの移行アシスタントを使ってひんやりしてみました。

夏なので思い切ってMACの環境を移すことにしました。
お題目は以下。

  • できるだけラクに移したい。
  • 今の環境を可能な限りそのまま移したい。
  • 設定してほっといたら終わる感じで移したい。

というワケで、初めてMACの移行アシスタントなるものを使ってみることにしました。

移行先の初回起動時に移行アシスタントを選択

「ものは試し!」とばかりに、移行先MACを起動した直後から移行アシスタントを選択。
「別のMACから」を選択して凸撃。
移行元も起動して、移行先MACへの転送準備を行います。
ここまで済ませていざ移行開始!

移行アシスタント:転送中画面

。。。5時間程ってとりあえず出ましたけど、これが長いのか短いのかは不明。
なにせ初なので、こんくらい掛かるもんかもなぁ〜、って思ってくらい。

第1のひんやり

それからほったらかしてたんですが、気付いたら寝てました!
やべぇ!!!

なにがやばいって、前回MACを珈琲浸しにしてしまった前科が。。。ある。。ので(´-ω-)

そんな感じで、起きた瞬間にひんやりしたんですが、飲み物すら周りに置いてなかった事実に気付いてホッとしましたとも。えぇ。

第2のひんやり

さてさて、あれからずいぶん時間も経っちゃってたので、ちゃんと移行終わったかな〜?とディスプレイを覗き込み。。。∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

エラーが発生したために・・・ウンチャラカンチャラ
※気が動転して覚えてない。。

移行元MACエラーで止まってるし!!ぎゃー

で、恐る恐る移行先MACを覗いてみたところ・・・
「いや、普通にログイン画面出してますけどなにか?」-_-
って表情で鎮座ましましてやがる・・・。
こやつ・・・できるっ!!

引き継がれてなかったところ

といった感じで、私の納涼MAC移行大会は終了しました。

結論としては、移行元はエラー出てたんですけど、移行先は何事もなくログインでき、即ほぼ以前と同一の作業環境が復元されました。

なにこれすごいっ!!

NetBeansもSublimeも、他何もかも前の環境が復元されちゃってます。
恐る恐るMAMP起動してローカルサイトは・・・キタ━━━ ッ ! ! !
(注:これアウトだったら麦酒飲んでふて寝レベル)

で、今のところ気付いたのは3点。

■ GoogleDriveのディレクトリ名が変わっちゃって同期できなかった点
以前は「Google Drive」だった名称が「Google ドライブ」に変わっちゃってたのでちょっとおこ。
■ 壁紙チェンジャーのアプリの内容が反映されてなかった
■ hostファイルの内容は引き継がれなかった

・・・とはいっても、まったくもって大した問題もなく、すぐに設定し直す事で解決しました。

いやぁ〜、移行アシスタントって、ほんと良いものですねっ!

おしまい。

うおー!新MAC早いしまじけっけぇ!

追記

git が使えなくなってた。。。以下で回復の巻
■ Xcode初回起動時「System Component Installation」が起動するので実行
・Preference から Command Line Tools をインストール

▲ to Top

トラックバック(0)

▲ to Top